【レビュー】FFCC体験版をやってみた感想

目次

はじめに

FFクリスタルクロニクル リマスター(FFCC)の体験版をやってみました。

3時間くらいやってみた結果、残念ながら個人的に合わなかったので、今回は合わなかった理由を中心に述べていきたいと思います。

ちなみにFFクリスタルクロニクルは2003年に発売されたゲームですが、プレイしたことはありません。
今回体験版をプレイする前にもネットの評判などあえて見ずに、公式サイトのトレーラーくらいしか見てない状態でプレイしていました。

合わなかった理由について

個人的にFFCCで合わなかった理由をまとめてみました。

合わなかった理由

ゲームシステム関連

  • ロード時間が長い
  • ダンジョン攻略時間が長い
  • グラフィック
  • 攻撃方法の切り替え
  • 魔法の攻撃方法
  • ダンジョンクリアすると習得した魔法がリセットされる

マルチプレイ関連

  • 自由に歩けない
  • しずく持ち歩くの面倒くさい
  • 解散&集合の繰り返し
  • ボス戦のムービーをスキップできない
  • クリア後の待ち時間が長い
  • 周回必須
  • クリア後のアイテム選択

一つずつ見ていきましょう。

ゲームシステム関連

ロード時間が長い

ロード時間が長い。特にマップ切り替えのロードで一番ストレスを感じた。
一回のロードは大体10秒なので、マップの切り替えが少ないダンジョンならまだしも、一つのダンジョンで何回も切り替えるとストレスを感じます。
マップ切り替え以外にもちょくちょくロードを挟むところはあるが、個人的にはそこまで気にならなかった。

ダンジョン攻略時間が長い

序盤でもダンジョンによってはクリアするのに20分くらい掛かるから、長く感じた。
特にマップ切り替えが多いダンジョンの場合、ロード時間の問題でさらにストレスを感じる。

それと牢屋にある宝箱を開こうとする場合、先に進んでスイッチを押すことによって牢屋の扉を開き、そのあと戻って宝箱を開くのでテンポが悪い。そして宝箱の数が多いので、いちいち戻らなければいけないから時間が掛かる。

グラフィック

17年前のゲームなので、どうにもならない部分もあるかと思うが、もっとグラフィックを上げて欲しい。
最近のゲームのグラフィックに慣れたので、結構違和感を感じた。
正直に言うとリマスター版のグラフィックはスマホゲームよりも少し綺麗な印象しか無い。

それと昔このゲームをプレイしたことがなかったので、面白かったとか、懐かしいとか、そういう感情が一切ないのも大きいと思う。もし昔プレイしたのであれば、ここまで気にならなかったかもしれにゃい。

もしリマスター版で出すなら、グラフィックは現代のゲームの基準に合わせてもっと細部までこだわって欲しかった。
ちなみに動画で確認している限り、SwitchとPS4ではそこまでの違いはなかった。
(リマスター版のグラフィックの印象といえば、SkyrimとSkyrimSEくらいの違いを勝手に想像していた)

攻撃方法の切り替え

武器と魔法の2種類の攻撃方法がありますが、LRボタンで切り替える必要がある。
そして魔法にはいろいろ種類があって、切り替えるのに同じくLRボタンで切り替えなければいけない。
そのため、切り替えるときはワンクッション挟むから、戦闘のテンポが悪くなる。
もし武器攻撃と魔法攻撃を違うボタンに割り当てればもっと戦闘が楽しくなると思う。

魔法の攻撃方法

魔法の攻撃方法は個人的には合わない。

魔法で攻撃するとき、Aボタンを長押しして、しばらくするとリング(魔法陣)が現れるから、そのリングを移動キーで敵に合わせて、Aボタンを離すと攻撃という仕様です。
リングを移動させるときに棒立ちになるし、リングをモンスターのいる位置に合わせるのも面倒くさい。
キャラが向いている方向にファイアボールなどの魔法を飛ばしたほうが爽快感があっていいと思う。

ダンジョンクリアすると習得した魔法がリセットされる

ダンジョンでは敵を倒すと魔石が出るから、それを拾うと魔法が使えるようになります。
しかしダンジョンをクリアするとなぜかリセットされて、次にダンジョン行くときはまた一から魔石を探さなければならない。
この仕様については別にそこまで気にしているわけではないが、個人的に一回使えるようになった魔法はいつまでも使えるようにして欲しいと思った。

しかしマルチプレイの場合、魔法を重ねることによって合体魔法が発動できるようになり、ランダムで手に入れる魔法によってその場その場で発動できる合体魔法が違うので、これはこれで楽しいかなとも思った。

マルチプレイ関連

自由に歩けない

本作は「しずく」というアイテムを持ち歩いてダンジョンを攻略する仕様で、
しずくから一定範囲離れてしまうとダメージを受けるので、しずくのそばから離れないように気をつけなければならない。

一つ言わせてください。

自由に冒険させてください

マルチプレイの仕様を全否定するような感想ですが、言わずにはいられなかった。
もちろんソロプレイなら自由に冒険できますが、マルチだとみんなしずくの近くにいなければならないので、バラバラに移動できない。そのため、行きたい場所があればみんな揃って行かなければならない。

例えば、知らない人とマルチプレイやる場合、しずくを持っている人の近くにいなければいけないので、ある程度ほかの人に合わせて行動する必要があります。そのため、行きたい場所があっても場合によっては我慢してしまうことがあるかもしれない。

しずく持ち歩くの面倒くさい

しずく持ち歩くの面倒くさい。
持たないと先に進めないし、持っている人でしか好きな場所に移動できないし、微妙に敵がしずくの有効範囲にいない場合はしずくを持って微調整する必要があるし、しずくをいちいち持ち上げたり降ろしたりで面倒くさいから持ったままで戦闘に参加せずに、雑魚敵をほかのプレイヤーに任せたほうが楽だし、などなど。

リマスター版はクロスプレイに対応しているから、プレイヤーはそれぞれ手元にある画面でゲームをプレイしているわけで、わざわざ移動制限をかけて一箇所に固まらせなくても、自由に移動できるようにしたほうが遥かにストレスが少ないと思う。それかしずくの有効範囲をダンジョン全体に広げてもいいから。

解散&集合の繰り返し

マルチでダンジョンをクリアしたあとに、現在のメンバーを維持した状態で異なるダンジョンに進んだり、ホストを変えたりすることはできない。そのため、毎回毎回パーティーを一回解散して、再度集合しなければならない。もちろんロードを挟むから、余計に時間が掛かる。

ボス戦のムービーをスキップできない

ボス戦の前にムービーがあって、このムービーはなぜかマルチプレイではスキップできない
周回する場合は同じムービーを繰り返して見る羽目になるから、ムービー流れている間何すればいいの?

筆者の場合は目薬をさすようにしてるので、限られた時間を有効活用してます。

※アップデートでスキップできるようになりました。

クリア後の待ち時間が長い

ダンジョンクリアした後に、なぜかホストにしか手紙が貰えない仕様になっている。
それで返信もする必要がある(?)から、ほかのプレイヤーはその間ただ待たないといけない

筆者の場合は定型文のコメントをいかに速く繰り返して送れるのかについて精進してるので、長い待ち時間を有効活用してます。

周回必須

ダンジョンクリアした場合、なぜかホストしかしずくを回収することができない。そのため、ストーリーを進められるのはホストのみとなります。ほかのプレイヤーはボランティアに近い感じになります。
もし4人でマルチプレイする場合は、次のステージに進むのに同じステージを4週クリアしなければならない。

そのためストーリーを速く進めたい場合はソロでやるのが一番効率いいです。

そしてダンジョンによっては1周するのに20分くらい掛かるから、4周するのに軽く1時間超えてしまいます。
さすがに同じダンジョンを1時間もプレイし続けると嫌でも飽きます。

クリア後のアイテム選択

ダンジョンクリアした後にアイテムが貰えるけど、全員が平等に貰えるわけではないです。
ダンジョン攻略するときにボーナスの条件があって、その条件に従ってダンジョンを攻略すればより多くのポイントが貰える仕組みで、クリア後にポイントの高い順で一人ずつアイテムを選ぶという仕様です。
つまり、ポイントが一番少なかったプレイヤーはレアアイテムを貰える可能性は低くなるということです。

この仕様はある意味公平であり、不公平でもあると感じた。

公平だと思った理由として、一番貢献度が高いプレイヤーは好きなアイテムを貰えるのは当然かなということで、
不公平だと思った理由は、プレイヤーはそれぞれ好きなプレイスタイルでプレイしてるのに、勝手に順位付けられて、あたかも貢献してないように周りから見られる上に、欲しいアイテムが貰えないというおまけ付きです

例えばDLC武器で無双したいのに、ボーナス条件は魔法攻撃となると、一番いいアイテムを貰うためには条件に従って魔法で攻撃しなければならなくなり、自由を取るかアイテムを取るかという選択に強いられます。

まとめ

FFCCを初見プレイしてみたが、残念ながら個人的に合わなかったので、その理由についてまとめてみました。

逆に良かったと思うところは合体魔法です。異なる魔法を重なることでさらに強い魔法が発動できるのは面白かった。

合わなかった点をいろいろ述べてきましたが、17年前のゲームとして見るならありかなと思う。
しかしモンハンなどの大作ゲームと比べると、どうしても述べてきた点が気になって、続きをプレイしたいという気持ちが湧かない。

目次
閉じる