【読書】グラシン紙ブックカバーの作り方

目次

はじめに

今回はグラシン紙によるブックカバーの作り方を紹介したいと思います。

ブックカバーの作り方はいろいろありますが、ハサミやカッターナイフなどの道具を使うと手間がかかるので、今回はそういった道具を使わないで済むような作り方にしています。
(もちろん大きなグラシン紙を使う場合に対して、ハサミなどを使ってサイズの調整が必要です)

また、道具を使わない分、速く作れるので、5分以内で作れます。

ブックカバーの作り方

STEP
本の表紙を取り外して、グラシン紙と重ねる

まずは本の表紙を外して、グラシン紙の上に重ねます。

STEP
上下を合わせて、折り曲げる

本の表紙がちょうどグラシン紙の真ん中に来るように上下を合わせて、写真のように折ります。
グラシン紙を表紙にピッタリくっ付くように折るのがポイントです。

STEP
そでを折り曲げる

本の表紙ごとに、そでを写真のように折ります。

この時点で正面は次のような状態になります。

STEP
本にかける

最後は通常の表紙と同じ要領で本にかけてあげれば完成です。

まとめ

グラシン紙ブックカバーの作り方を紹介しました。
このやり方は道具を使わないで済むので、手順も簡単で手早く作れます。
難点があるとすれば通常の表紙と同じように上下にずれることはあるが、そこは慣れればあまり気にならないです。
私は気に入った本に対して、この方法でカバーをかけてます。手触り感が独特で、統一感もあって気に入ってます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる