【読書】読みたい本まとめ【随時更新】

アイキャッチ

無性に本を読みたくなってきたので、読書を再開しました。

読みたい本は読書メータで管理しているが、読みたい理由は記入できないので、ここでは特に読みたい本に対して、なぜ読んでみたいのかも合わせて残していければと思います。

目次

プラトン全集

哲学に興味を持ち始めるようになったきっかけ。
買ってから1年以上経つからそろそろ続きを読みたい。
ただ最近はインド哲学にハマってるから、読む時間をまともに確保できそうにない。

読みたい本

古代インド哲学史概説

インド哲学にハマってるということで、歴史の概要を知りたいということで買いました。
パラパラめくった感じだと結構古代インド哲学について網羅しそうな雰囲気で、参考文献も詳しく記載しているので、絶対読む。

ウパニシャッド―翻訳および解説

インド哲学に関する本の中で一番興味がある本。
きっかけは飲茶さんの「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」でウパニシャッドについての解説を読んで、興味を持ちました。
そのため、インド哲学に興味があると言ってもインド哲学全般ではなく、古代のものだけとなります。
それとこの本は値段が値段なだけに、読むときは非常に慎重に読まないといけなくなるのが少し気が引ける。

ツァラトゥストラ (中公文庫プレミアム)

意味がわからなすぎて一回挫折しました。
前読んでいたのとは違う出版社のもので再チャレンジ。
注釈が結構詳しいみたいですので、一回目よりも理解が深まるのかなと思う。

ただし注釈に頼りすぎると自分の解釈の幅が狭まるとどっかの本で読んだので、あまり頼りすぎないように注意したほうがいいかもしれない。って、この時点でそのどっかの本によってすでに自分の解釈が狭まっている気がしないでもない。

華氏451度

「教養の書」でこれについての紹介がありましたので興味を持ちました。
ほぼネタバレを食らった状態ですが、それでもストーリが面白くて、実際に読んでみたいと思いました。

ビジュアルマップ大図鑑 世界史

「教養の書」でふと世界史について勉強したいと思って、調べたらたどり着きました。
値段が少し高いですが、ほかの本とは違って、地図をメインに用いて解説しているので、文字ベースのものと比べると記憶に残りやすいと思って買いました。
レビューを見ると呼称問題がどうのこうのと騒ぐ者たちがいたのですが、どうでもいいから、その溢れんばかりの正義感を俺に向けないでと思った。

罪と罰

最近ツイッターのフォロワーさんが読んでいる本を見ると、ほとんどの方が小説を読んでいたので、自然に小説について興味を持つようになりました。
しかし流行りのモノには手を出したくないので、まずは名作から読んでみたいと思いました。

一四一七年、その一冊がすべてを変えた

『奇書の世界史』で知った『物の本質について』について書かれているとのことで購入しました。
『奇書の世界史』では鳥肌が立つほど面白かったので、早く読みたいです。

打ちのめされるようなすごい本

著者が生涯をかけて書いた書評をまとめた本です。
偶然この本の存在を知り、結構評判がよく、紹介されている本をとにかく読みたいという感想がたくさんあったので買いました。

今のところ一番読みたい

養生訓

この本を読めばほかの健康関連についての本を読む必要がないと言われていたので気になりました。

どこの出版社が良いかについての情報が特になかったので「講談社学術文庫」にしました。

知性の正しい導き方

『後世への最大遺物・デンマルク国の話 』を読んだら「ジョン・ロック」に興味を持ちましたので試しに買いました。

ただそれだけ。

呻吟語

古典について調べたら出てきました。

パラパラめくった感じだと結構良いことが書かれてたので、優先して読んでみたいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる